歯科衛生士とは

歯科衛生士は国家資格を持つスペシャリスト

歯科衛生士は国家資格を持つスペシャリスト

わが国は高齢社会を迎え、健康に対する関心がいちだんと高まる中、生涯を通じた歯科保健対策が試みられています。
一つの目標として厚生労働省が推進する8020運動(80歳で20本自分の歯を残そう)は、愛知県歯科医師会が発祥の地です。
歯の健康づくりとして、保健指導や予防処置の実施など歯科衛生士への期待は大きく、役割も高度なものになりつつあります。また、「優しさ」、「知識・技術」、そして「指導力」を発揮できる職種です。
歯科衛生士は、文部科学省や厚生労働省から指定された歯科衛生士の学校を卒業し、国家試験に合格した人だけに与えられる資格です。

歯科衛生士がおこなう、3つの大切な仕事

歯科衛生士がおこなう、3つの大切な仕事

歯科衛生士は国家資格を持つスペシャリストで、そのおもな仕事は「歯科予防処置」「歯科保健指導」「歯科診療補助」の3つです。最近では、むし歯や歯周病の予防や健康管理が重視され、むし歯や歯周病にならないための予防処置の実施、歯と口の健康づくりのための保健指導は歯科衛生士の独自性を発揮できる仕事といえます。また、歯科医師の診療を手助けする診療補助は歯科衛生士の基本的な仕事です。

その他にも、歯科医師の治療方針や内容を正確に把握し、患者さんに分かり易く説明するなど、患者さんとのコミュニケーションが求められます。患者さんの不安や恐怖を取り除く「やさしさ」、「思いやり」、「笑顔」が何より大切な仕事です。

  • 歯科予防処置

    歯や口腔の病気に関する予防処置
    • 予防的歯石除去
      • 歯周病予防のための歯石除去
      • 歯垢・ヤニの除去 など
    • う蝕(むし歯)予防処置
      • フッ化物の塗布
      • フッ化ジアンミン銀の塗布
      • 小窩裂溝填塞(シーラント) など
  • 歯科診療補助

    歯科診療と事務の介助
    • 歯科診療の補助
      • 患者さまの状態を予備的に聞く
      • 口腔の清掃状態を検査
      • 歯肉状態を検査
      • 充填物をつめて、研磨する
      • 仮封(暫間被覆)を行う
      • ラバーダム防湿の装着と撤去
      • 矯正装置の撤去
      • スナップ印象を採る
      • 脈拍、血圧、体温の測定 など
  • 歯科保健指導

    専門的立場からの助言と援助
    • 歯科医院・病院では
      • 歯磨き指導・禁煙指導
      • 栄養指導 など
    • 保育園・小学校・保健所では
      • 歯磨き教室・歯周病予防教室 など
    • 家庭や施設を訪問して
      • 在宅訪問指導・口腔衛生指導、摂食、
        嚥下指導・口腔ケア など

のぞいてみよう!歯科衛生士の仕事

歯科衛生士って実際はどんな仕事をしてるのかな!?医院での1日の様子をおってみました。

歯科衛生士のある日の1日

  • 朝のミーティング

    朝のミーティング

    診療開始前の全体ミーティングでは、連絡事項のほかショートスピーチや笑顔の練習なども。チームの士気を上げ、今日も頑張ります!

  • 問診

    問診

    まずは患者さまの状態を確認してから準備に取りかかります。打ち解けてもらえるよう、笑顔とコミュニケーションを大切に。

  • 医師の診療補助

    医師の診療補助

    虫歯や矯正・インプラントの治療などの補助を行います。先生と患者さまとのコミュニケーションに配慮しながら、円滑に診療が進められるようにします。

  • ブラッシング指導

    ブラッシング指導

    歯の染め出しで磨き残しをチェックし、歯ブラシの正しい持ち方や磨き方を指導します。

  • お昼休憩

    お昼休憩

    午前の診療が終わったら、休憩室でランチタイム。みんなとのおしゃべりも楽しい時間です。

  • 相互練習

    相互練習

    お昼休憩の合間に、スタッフ同士がペアを組んで練習。歯科衛生士と患者さま、両方の立場から学びます。

  • むし歯の予防処置

    むし歯の予防処置

    超音波スケーラーを使って歯石を除去。デリケートな歯ぐきの下は手動で行います。歯周病のリスクやおうちでのケアの大切さなど、モニターを見ながら個々に応じてお伝えします。

  • 予約確認

    予約確認

    iPadで患者さまと次回の予約をチェック。臨機応変に、受付業務をすることもあります。

  • 診察終了

    おつかれさまでした!

message

  • 日々やりがいを感じ、ずっと続けていきたい仕事。

    卒業生

    三河歯科衛生専門学校での勉強で得た知識などが今の臨床にもつながっています。個性や症状もさまざまな患者さまと向き合い、一緒に生活習慣を改善していくこの仕事にやりがいを感じます。

    山元さん(岡崎西高等学校卒)

  • 人の健康に貢献し、自分自身も成長していける素晴らしい仕事です。

    院長

    生涯自分の歯で食べたい

    そんな予防の意識が国民的な高まりを見せる中、歯科衛生士は歯の病気を予防し管理する「かかりつけ」的な存在として、今後ますます需要が伸びていくでしょう。一生に渡り、人の健康に貢献できるとともに、自分が頑張れば頑張った分だけやりがいがあり、活躍の場が広がる素晴らしい仕事です。いつも向上心を忘れず、プロフェッショナルとしての誇りを持つ歯科衛生士が、次々と育ってくれることを私たちは期待しています。

    医療法人 翠章会 すまいる歯科 山村 洋志明 院長

多彩な分野で活躍できる歯科衛生士の仕事。

  • 一般歯科

    歯科衛生士の活躍するフィールドとして、最も多くの割合を占めているのが一般の歯科医院です。

  • 小児歯科

    小児歯科では、小児についての歯科治療が行われ、健康な永久歯へ生え変わるサポートをします。

  • 矯正歯科

    矯正歯科では、歯並びや不正な噛み合わせの治療が行われます。治療の補助や歯磨き指導などをします。

  • 口腔外科

    口腔外科では、一般歯科では行う事ができないような口腔領域の外科的な治療が行われます。

  • 歯科材料メーカー

    歯科材料メーカーでは、自社が扱う製品について情報提供するなど、営業的な仕事を主に行います。

  • 保健センター

    地域住民の健康維持・増進のために、歯科衛生士として専門性を生かし、公務員として働きます。

  • 高齢者の介護予防

    地域の福祉施設や高齢者などの自宅を訪問して、口腔の専門家として介護予防や口腔ケアなどを行います。

  • 広がるキャリア

    歯科衛生士の経験を活かして、歯周病やインプラント等に強い「認定歯科衛生士」や福祉分野で活躍する「ケアマネージャー」等、需要の高まる医療系へのキャリアアップも目指せます。

幅広い年代の方が活躍しています。

年代別活躍状況

歯科衛生士の仕事は、ずっと続けていける仕事です。

結婚・出産を経て、子育てや介護など、多くの経験や年齢を重ねていくことで、様々な患者さまの立場を理解することができ、仕事の幅が広がっていきます。

主婦の方・社会人の方からでも目指せます。

歯科衛生士は、社会人の方や主婦の方の「手に職を持ちたい」「長く働きたい」という思いに応えられる仕事です。実際、社会を経験してから歯科衛生士を目指す方が年々増えていることからも、その注目度が伺えます。社会で培ったビジネスマナーや接遇の経験を活かし、歯科衛生士という専門職を手にして、キャリアアップを図りましょう!

message

  • 歯科助手から歯科衛生士へキャリアアップを目指して。

    歯科助手として正社員を2年間、今もアルバイトで継続中です。歯科衛生士のほうが歯科助手よりお給料が良いこと、また本校は社会人経験者の割合が高いなどの理由から入学を決めました。私は基本的に座学が好きで、実習はなんとなく嫌だなぁと開始前に思っていたのですが、いざ始まるとどの科目の先生も1から10まで丁寧に教えてくださるので楽しいです。少人数制も魅力的で半日授業も多く、アルバイトと両立しながら通いやすい学校だなと思います。

    1年生 加藤さん(歯科医院に就職して歯科助手を務め、本校へ入学)

歯科医院奨学金制度について

歯科衛生士を目指す高校生・社会人を対象に、将来有能な歯科衛生士として活躍する人材育成を目的に歯科医院が実施する制度(※)です。在学中の経済面での不安をカバーし、卒業後、その歯科医院に就職することにより奨学金の返済が免除され、歯科衛生士になる夢をサポートします。

※各歯科医院により条件が異なります。歯科医院と直接面接し、双方が同意の上で歯科医院より奨学金を受けられます。