歯科衛生士とは

歯科衛生士は国家資格を持つスペシャリスト

歯科衛生士は国家資格を持つスペシャリスト

わが国は高齢社会を迎え、健康に対する関心がいちだんと高まる中、生涯を通じた口腔保健対策が試みられています。
一つの目標として厚生労働省が推進する8020運動(80歳で20本自分の歯を残そう)は、愛知県歯科医師会が発祥の地です。
歯の健康づくりとして、保健指導や予防処置の実施など歯科衛生士への期待は大きく、役割も高度なものになりつつあります。また、「優しさ」、「知識・技術」、そして「指導力」を発揮できる職種です。
歯科衛生士は、文部科学省や厚生労働省から指定された歯科衛生士の学校を卒業し、国家試験に合格した人だけに与えられる資格です。

歯科衛生士がおこなう、3つの大切な仕事

歯科衛生士がおこなう、3つの大切な仕事

歯科衛生士は国家資格を持つスペシャリストで、そのおもな仕事は「歯科予防処置」「歯科保健指導」「歯科診療補助」の3つです。最近では、むし歯や歯周病の予防や健康管理が重視され、むし歯や歯周病にならないための予防処置の実施、歯と口の健康づくりのための保健指導は歯科衛生士の独自性を発揮できる仕事といえます。また、歯科医師の診療を手助けする診療補助は歯科衛生士の基本的な仕事です。

その他にも、歯科医師の治療方針や内容を正確に把握し、患者さんに分かり易く説明するなど、患者さんとのコミュニケーションが求められます。患者さんの不安や恐怖を取り除く「やさしさ」、「思いやり」、「笑顔」が何より大切な仕事です。

  • 歯科予防処置

    歯や口腔の病気に関する予防処置
    • 予防的歯石除去

      • 歯周病予防のための歯石除去
      • 歯垢・着色 の除去 など
    • う蝕(むし歯)予防処置

      • フッ化物の塗布
      • フッ化ジアンミン銀の塗布
      • 小窩裂溝填塞(シーラント) など
  • 歯科診療補助

    歯科診療と事務の介助
    • 歯科診療の補助

      • 患者さまの状態を予備的に聞く
      • 口腔の清掃状態を検査
      • 歯肉状態を検査
      • 充填物をつめて、研磨する
      • 仮封(暫間被覆)を行う
      • ラバーダム防湿の装着と撤去
      • 矯正装置の撤去
      • スナップ印象を採る
      • 脈拍、血圧、体温の測定 など
  • 歯科保健指導

    専門的立場からの助言と援助
    • 歯科医院・病院では

      • 歯磨き指導・禁煙指導
      • 栄養指導 など
    • 保育園・小学校・保健所では

      • 歯磨き教室・歯周病予防教室 など
    • 家庭や施設を訪問して

      • 在宅訪問指導・口腔衛生指導、摂食、
        嚥下指導・口腔ケア など

歯科衛生士のある日の1日

歯科衛生士って実際はどんな仕事をしてるのかな!?医院での1日の様子をおってみました。

  • 朝のミーティング

    朝のミーティング

    診療開始前の全体ミーティングでは、連絡事項のほかショートスピーチや笑顔の練習なども。チームの士気を上げ、今日も頑張ります!

  • 問診

    問診

    まずは患者さまの状態を確認してから準備に取りかかります。打ち解けてもらえるよう、笑顔とコミュニケーションを大切に。

  • 医師の診療補助

    医師の診療補助

    虫歯や矯正・インプラントの治療などの補助を行います。先生と患者さまとのコミュニケーションに配慮しながら、円滑に診療が進められるようにします。

  • ブラッシング指導

    ブラッシング指導

    歯の染め出しで磨き残しをチェックし、歯ブラシの正しい持ち方や磨き方を指導します。

  • お昼休憩

    お昼休憩

    午前の診療が終わったら、休憩室でランチタイム。みんなとのおしゃべりも楽しい時間です。

  • 相互練習

    相互練習

    お昼休憩の合間に、スタッフ同士がペアを組んで練習。歯科衛生士と患者さま、両方の立場から学びます。

  • むし歯の予防処置

    むし歯の予防処置

    超音波スケーラーを使って歯石を除去。デリケートな歯ぐきの下は手動で行います。歯周病のリスクやおうちでのケアの大切さなど、モニターを見ながら個々に応じてお伝えします。

  • 予約確認

    予約確認

    iPadで患者さまと次回の予約をチェック。臨機応変に、受付業務をすることもあります。

  • 診察終了

    おつかれさまでした!

卒業生の声

  • 患者さんの反応が直接感じられるのがやりがい

    中園さん (就職先:神谷デンタルクリニック)

    卒業生

    いまの仕事は、患者さんと会話する機会が多く、いかにコミュニケーションを図るかが重要です。患者さんからお口のケアに対して意識するようになり、クリニックに来るのも楽しみと言ってくださったときはうれしかったですね。患者さんの反応が直接感じられるのが、やりがいにつながっています。振り返ってみると、MDHCで学んだ患者さんへの対応や実習が仕事に活かされているなと思います。特に実習は不安と緊張が大きかったからこそ、精神的にも鍛えられたと思っています。皆さんもいまは大変だと思いますが、ぜひ国家試験に合格して素敵な歯科衛生士になってください。

  • 知識・技術の向上を怠らず、患者さんから信頼されるように

    鈴木さん (就職先:すぎもと歯科)

    卒業生

    私は予防処置、バキュームなどの診療補助や歯みがき指導などを行っています。検診やクリーニング後に「きれいになって気持ちいいね」と患者さんに笑顔で言われたときは、この仕事をしていてよかったなと実感します。このようなやりがいのある仕事ができるのも、MDHCで学んだおかげ。特に国家試験の集中学習では、先生や友だちから勉強の仕方を教えてもらうことで、乗り切ることができました。振り返ってみると、良い思い出ばかりです。社会人になっても知識や技術向上を怠ることなく、患者さんに信頼していただけるような歯科衛生士を目指したいと思っています。

多彩な分野で活躍できる歯科衛生士の仕事。

  • 一般歯科

    歯科衛生士の活躍するフィールドとして、最も多くの割合を占めているのが一般の歯科医院です。

  • 小児歯科

    小児歯科では、小児についての歯科治療が行われ、健康な永久歯へ生え変わるサポートをします。

  • 矯正歯科

    矯正歯科では、歯並びや不正な噛み合わせの治療が行われます。治療の補助や歯磨き指導などをします。

  • 口腔外科

    口腔外科では、一般歯科では行う事ができないような口腔領域の外科的な治療が行われます。

  • 歯科材料メーカー

    歯科材料メーカーでは、自社が扱う製品について情報提供するなど、営業的な仕事を主に行います。

  • 保健センター

    地域住民の健康維持・増進のために、歯科衛生士として専門性を生かし、公務員として働きます。

  • 高齢者の介護予防

    地域の福祉施設や高齢者などの自宅を訪問して、口腔の専門家として介護予防や口腔ケアなどを行います。

  • 広がるキャリア

    歯科衛生士の経験を活かして、歯周病やインプラント等に強い「認定歯科衛生士」や福祉分野で活躍する「ケアマネージャー」等、需要の高まる医療系へのキャリアアップも目指せます。

幅広い年代の方が活躍しています

歯科衛生士の仕事は、ずっと続けていける仕事です。

結婚・出産を経て、子育てや介護など、多くの経験や年齢を重ねていくことで、様々な患者さまの立場を理解することができ、仕事の幅が広がっていきます。

年代別活躍状況

社会人の方・主婦の方へ

歯科衛生士は主婦、歯科助手を経験している方の「手に職を持ちたい」「キャリアアップしたい」という思いに応える仕事です。社会人経験者の入学は毎年約2割あり、歯科衛生士の資格取得を目指しています。

学費の負担が軽減!専門実践教育訓練給付金制度

専門実践教育訓練給付金制度を利用すると、専門的・実践的な教育訓練を受講する際に教育訓練経費の50%(年間上限40万円)にあたる給付を最大3年間受けることができます。また、訓練の受講修了から1年以内に資格取得などをし、雇用保険の一般被保険者として雇用された場合には、さらに20%の追加支給(合計で教育訓練経費の70%相当額)を受けることもできます。

詳細を見る

チャレンジ精神を持ってより専門的な学習に取り組んでいます。

細川さん 歯科医院にて歯科助手として勤務(継続中)

歯科助手をしていたのですが、この業界でもっと活躍できるように歯科衛生士になりたいと思うようになりました。MDHCは車で通えるのが便利。先生と学生の距離も近く、少人数で実習できるのがいいですね。ハローワークの職業訓練給付金制度も活用し、費用面でも安心して通うことができました。より専門的な分野の学習は大変ですが、チャレンジすることで苦手を克服できると信じ、前向きに取り組んでいます!

金銭的な余裕は心の余裕にもつながります。

不破さん

前職はヨガインストラクター。結婚を機に仕事と家庭を無理なく両立できる仕事を求め、歯科衛生士を選びました。歯科衛生士の資格だけでなく、食育インストラクターの資格も取得でき、今後の子育てにも役立ちそうです。各給付金制度はとても助かります。金銭的な余裕は心の余裕にもつながりますから。皆さんとは年齢こそ離れていますが、同じ夢を目指す同志として一緒に頑張りたいと思っています。

新制度導入

高等教育の修学支援新制度

令和2年4月から始まった高等教育の修学支援新制度(授業料等減免・給付型奨学金)の対象校になりました。本制度は、家庭の経済状況に関わらず、大学・短期大学・専門学校等に進学できるよう、経済的負担を軽減することを目的として国が実施する制度です。詳しくは、文部科学省HPをご確認ください。


歯科医院奨学金制度

歯科衛生士を目指す高校生・社会人を対象に、将来有能な歯科衛生士として活躍する人材育成を目的に歯科医院が実施する制度※です。在学中の経済面での不安をカバーし、卒業後、その歯科医院に就職することにより奨学金の返済が免除され、歯科衛生士になる夢をサポートします。

※各歯科医院により条件が異なります。歯科医院と直接面接し、双方が同意の上で歯科医院より奨学金を受けられます。