短期大学併修

未来の可能性をひろげ、幅広い分野で活躍するために。

国家資格だけでなく短期大学士も取得できるWカレッジコース

Wカレッジコースとは、本校入学と同時に愛知産業大学短期大学通信教育部国際コミュニケーション学科にも入学し、単位修得により、短期大学士(短大卒業)の学位取得を目指すものです。

専門学校の授業の一部が短期大学の単位に認定されるため、負担が少なく、専門学校の学習と並行し、安心して取り組むことができます。
専門学校の専門知識修得とともに、併修をおこなうことによって、幅広い知識が増え、視野が広がるだけでなく、スクーリング時に様々な年齢層の学生と学ぶことにより、人間力や社会性が高まり、職業観の形成にも役立ちます。

短大併修教育制度

併修教育制度とは

本校に在籍しながら、姉妹校である愛知産業大学短期大学通信教育部の所定科目を修業することにより、本校卒業と短期大学卒業者に授与される「短期大学士」の学位取得をめざすものです。

併修短期大学

愛知産業大学短期大学 通信教育部 国際コミュニケーション学科

併修申し込み方法

  • 本校入学願書を提出する際、併修希望欄「有」に○印を記入してください。
  • 入学後、短大併修教育について説明いたします。説明を聞いた上で、併修を決定される場合は「未定」に○ 印を記入してください。
  • 併修を希望する場合は、高等学校の卒業証明書が必要となります。あらかじめ準備をしてください。

併修費用(平成29年度)

  入学金 授業料 傷害保険料
年額 20,000 164,000 130 184,130

(単位:円)

  • 入学金は入学時のみ必要です。
  • 授業料には、科目終末試験料、併修指導料などが含まれています。
  • テキスト代として、約20,000円が必要です。
  • 団体併修のため、併修費の納入はすべて本校で取り扱います。
  • 上表は平成29年度のものです。変更されることがあります。

Wカレッジコースの流れ

三河歯科衛生専門学校
愛知産業大学短期大学同時入学(希望者のみ)

希望者は、愛知産業大学短期大学通信教育部(国際コミュニケーション学科)に入学できます。選考は、専門学校入学時に提出した書類により行われます。

専門学校での授業

歯科衛生士に関する専門知識と技術を修得。「歯科衛生士」の国家試験合格。

短期大学での教育

  • 〈スクーリング〉

    短期大学で行われるスクーリングに出席。科目終末試験を受け、単位を取得します。

  • 〈テキスト学習〉

    テキストを読み、レポートを作成します。その後、科目終末試験を受け、単位を取得します。

三河歯科衛生専門学校卒業
愛知産業大学短期大学通信教育部卒業

1、2年次に短期大学卒業に必要な62単位を取得し、卒業となります。

Wカレッジコース 卒業生の声

Wカレッジコース生

専門学校と短大の勉強を並行し、やり遂げることができました。

知識を増やし、将来の選択肢を広げたいという理由からWカレッジコースを選びました。短大でのスクーリングでは他の学校に通われている方々と一緒に楽しく学ぶことができ、いろんな話が聞けて新鮮でした。このコースは自分で計画的に勉強を進めていくのが大変かもしれませんが、やり遂げた時はとても達成感があります!

Wカレッジコース 松葉さん(豊田東高等学校卒)